Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

トイレ盗撮方法

和式トイレ

アダルトサイトやアダルトDVDなど数多くのジャンルがある中で、盗撮ものが大人気です。特にマニアが好むのは「トイレ盗撮」。中には、便器内に小型カメラを仕掛けて排泄シーンを撮ったヘビーなものまであります。

トイレ盗撮方法は、女子トイレに誰にも気づかれずに侵入できれば、あとはドアに鍵をかけてじっくりと盗撮カメラを設置することができます。
トイレは、上からのカメラアングルの更衣室盗撮とは逆で、下からのアングルが主になるので足元にある物に仕掛けることになります。

しかし、トイレには備品が少なく、盗撮手口は限定されるので発見されるリスクは大きいのですが、トイレの利用者は急いでいる場合が多いのとまさか盗撮されてるなんて夢にも思っていません。なので、ほとんど発見されない場合が多いのです。

設置場所で多いのは、トイレ消臭剤や芳香剤の容器や汚物入れ。これらのものにピンホールレンズがついた無線式の小型盗撮カメラを仕掛け、映像を離れた場所で受信し録画するのです。盗撮カメラを2台以上設置しておけば、顔の映像と局部やお尻の映像を同時に撮影することができます。

また、隣のトイレ個室に潜んで仕切りの上や足元の隙間から盗撮する場合もあります。用便中は怪しい人影に気づいてもすぐに動きが取れないものです。

盗撮カメラが仕掛けやすい場所

  1. 仕切りの上
  2. 消臭剤・芳香剤の容器
  3. 汚物入れ
  4. 便器の中
  5. 清掃用品が入ったバケツ
  6. 仕切りのバケツ

ページトップへ戻る